3,4月の成果とCl[i]oneについて

April 19, 2018

 

 

こんにちは、石渡です。

4月になって環境も気候もすっかり変わり、皆様いかがお過ごしでしょうか。

気温のジェットコースターぶりに若干疲弊しておりますが僕は元気ですハイ。

 

 

 

 

さて、まずは3月に制作したものを

「Fate/Grand Order」よりキャス狐の鏡。

 

コスプレイヤーの輝夜@kaguya_625さまよりオーダーいただいて制作しました。

 

 

 

 

 

 

こちら「水天日光天照八野鎮石」というのが正式名称。

初見で読めなかったのは内緒。

ゲームではファンネルのごとく周りを高速でふよふよしているかわいいやつです。

設定画はわりとメカちっくなので、エッジ多めで仕上げてみました。

こだわったのは周りの珠でして。

 

 

これらは百均のお弁当に入れるカップのフタ

↓これの右側のやつですね。

 

それに半球のプラ材です。 

しっかりと円と球がでてくれたので満足。

しかしレジン複製でしたので重量がかさんでしまったのは反省どころ。

 

慣れない素材には悪戦苦闘しましたが、その結果、

「コスボードの合わせ目消しにはモデリングペーストが使える」ことを発見しまして。

若干手間はかかりますが、軽く、固く仕上げるにはちょうどよいかと。

 

 

 

 

 

 

次です。

4月1日が平沢進さんの誕生日ということで、

ノンスケールで胸像を作ってみました。

それぞれLiveごとの衣装が素敵なので、なるべくそれを再現するように。

 

ではどうぞ

 

Live Phonon2553

 

 

 

 

 

 

 

Live HybridPhonon

 

 

 

Live 第9曼荼羅

 

 

 

 

最後に三つ巴

 

 

 

2553版は初めて行ったLiveなので思い出がありまして。

あとはポーズの由来ですが、

師匠の写真集めてみると手がよく写ってるんですよね。

それ+第9曼荼羅の宣伝写真からもってきました。

 

塗装ははじめてのサフレス仕上げ。

透明感が出て楽しいですねこれ。

 

個人的に白髪、通称「白沢」を塗ってるときがテンション高かったですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後!

 

拙作、Cl[i]oneはじわじわとお迎えいただいている作品なのですが、

組み方が少々特殊なこともあって、説明書に追記をさせていただきます。

 

 組み立てに関してのご質問があったので追記をしました。

何かご不明な点があれば小さなことでもおたずねください。

お迎えくださった方とコミュニケーションとれるのも喜びですから。

 

 

 

 

さて、とりあえずはこれまで。

次は今制作のものと夏ワンフェスについてですね。

それではまた!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

Made by Tetu

Name ; 石渡 哲

オリジナルメカを中心に作っています。

オブジェ、ガンプラ、コス衣装制作、等。

 

↓PRODUCTS↓

© 2014 by The Cold Plastics.  Proudly created with Wix.com