「ツキノ輪グマ様」

さよなら、さよなら、オサラバです。
旧い歴史は終わり、新しい毎日が山の向うで扉を開けています。

 


最初は暗かったこの山も、すっかりかつての光を帯びました。
切株さえも息づく季節、私のすることはもうなくて、後はのびのび育つでしょう。
枯れた花にも素晴らしい未来を。


仕事道具のバイオリンと、少しばかりの夢のタネを持って、次の山へ飛びましょう。
 

世は広い。まだ悲しむ場所はあるのですから、私が行って脈を蘇らせましょう。
 

生き生きとした金の脈を。生命の源を。

 

 

 

 

 

別れの宴を開きましょう。


心震わす弦の音、振動は命の原始。
 

奏でる音は私自身のすべてのさいわいにかけて響く。
 

すこしばかり寂しいけれど、きっと大丈夫、うまくやる。

さよなら、さよなら、オサラバです。


皆様に健やかな日々が訪れますように。

© 2014 by The Cold Plastics.  Proudly created with Wix.com