HG G-self

 

こんにちは。

今回は最終回をむかえ、さらに熱を帯びている「Gレコ」からGセルフを作りました。

 

まずは大きな画像をご覧ください。

改造箇所

 

頭部;キットは正面から見た時に逆三角形を描いているので、あきまん氏の画稿に似せるべく、両耳に当たる部分を切り取って下側に

    ずらして接着。

 

胴体;インテークは薄く削り込んで中央のフィンをプラシートで再現。ビームサーベル格納部分も一度内部をえぐって0.3ミリプラ板で

    蓋をしてあります。後述の肩をいじった関係で隙間が目立つようになったので、フレーム状のパーツを追加してあります。

    下部で二ミリほどパテで延長。

 

腕部;肩をプラ板で作り直し、形状をひし形に変更。劇中の印象に近づけました。

    掌は平手が良いと思われたので、アストレアのレジンパーツを形状変更して使用してます。

 

腰 ;上部を薄く削り込み、内部にはフレーム状のディテールを作ってあります。 

 

脚部;分割ライン、ディテールをあきまん氏の画稿に寄せてつくりました。アンクルアーマーは内部にフレーム状のディテールを

    再現。

 

足首;左右から削り込んで幅詰めした後に、氏の画稿を元にディテールを再現。

 

全身;全身に渡る特徴的なクリアパーツにはHi-Qパーツのオーロラデカールを使用。ピンポイントで光る部分には付属のシールに

   貼ったものと、カーボンデカールの上から貼り付けたものとでわけてあります。

 

 

 

 

 

塗装;塗装は基本的にガイアノーツを使用。

   下地;白→ホワイトサフ 赤、黄色→ピンクサフ 青→ブルーサフ   

   白;Exホワイト+純色シアン少々

   青;アイスコバルトブルー

   赤;ローズディープレッド+スーパーイタリアンレッド

   黄色;キャラクターイエロー+ホワイト

   関節;ジャーマングレー

   装甲内部;ダークグレイ(エナメル)

   細部塗り分け;ダークグレイ+ホワイト(エナメル)

   

 

クリアーでコートした後につや消しを吹いてフィニッシュ。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

© 2014 by The Cold Plastics.  Proudly created with Wix.com