見えないキカイvol,3  「多元展望」

と眼を開いて立ち止まる。新しいはずなのに、昔、どこかで見たことがあるような気がする。

 

忘れていた思い出か、あるいは夢が見せた未来か。なぜか懐かしく思える瞬間。

 

 

「彼」は、過去、現在、未来を見据え、「在り得た」可能性を時折、人に知らせる。

 

運命めいたものだったり、他愛もないものだったり、まちまちであるのは、

 

「彼」自身の「気まぐれ」によるものであるかもしれない。

 

 

今日も今日とて、彼は明確な意図なしに、人に「既視感」をもたらす。

 

まばゆく光る輪を回しながら、浮遊し続ける。

 

最期までご覧くださり、ありがとうございました。

 

© 2014 by The Cold Plastics.  Proudly created with Wix.com