育ちたがる金属Vol,6 「無貌」

_SDI0015-1.jpg

 

​彼はずっと一人だった。


 

_SDI0086-1.jpg
_SDI0019-1.jpg

 

伝えたくても声がない。

泣きたくても涙がない。

ぎしぎしきしむ身体を引きずって、

​呼ばれるようにさまよい歩く。
 

_SDI0084-1.jpg

 

生まれたときは覚えていない。

ただ寒さと轟音があっただけだった。

​捻じ曲げられ、沈められ、切り刻まれ、

苦しくて、自分がどこにいればいいのかわからなくて、

ただ歩き出した。

どこかに自分を認めてくれる存在がいるんじゃないかと。

寒い世界に期待を​込めて。
 

_SDI0059-1.jpg
名称未設定 2.jpg
_SDI0057-1.jpg

 

「基地はもう駄目だ。研究対象が……アレが暴走して……みんななくなっちまった!」

極北の軍事基地、爆発、煙が立ち込める中、命からがら抜け出した男は、なんとか本国に通信を送った。

助けてくれ、そう言おうとした男は息を飲む。

ギリギリと金属が削れる音を立てながら、巨大なヒトが影を落とす。

間一髪、さっきまで身体を寄せていたところは瓦礫にかき消された。

”アレ”の触手に触れたものは熱を発し、たちまち崩れ落ちてしまう。

​「誰か、誰でもいいからなんとかしてくれ」

か細い声は吹雪にまざり、宙に漂った。


 

© 2014 by The Cold Plastics.  Proudly created with Wix.com