育ちたがる金属Vol,6 「Ravi」

宇宙空間はひどく寒かった。

 

金属のこの身体に、外気温は関係ない。

ではなぜ私は「寒さ」を感じているのだろう。

 

何なのだろう。

 

これまで結論を急ぎすぎていた。

”母なるもの”はそう言った。
ならば、私のこれまでの思考、行動はすべて無駄だったのだろうか。

 

あまりにも広い空間で、小さく膝を抱えて考える。

 

……答えはでない。

 

 

ふと、肩に動きを感じた。

 

小さなキカイがそこにいた。

確か、”母なるもの”の洞窟で案内をしてくれた。

 

せわしなく、ちょこちょこと動き、私の身体から離れてはあわててひっつく。

キカイらしからぬ動きに、思わず笑みがこぼれた。

 

少しだけ、寂しくなくなった。

 

 

 

その時、はたと気づいた。

 

私が見落としていたものとは、

寒さの正体とは、一体何だったのか。

 

 

 

急いで針路を地球に向ける。

 

私にもまだやれることはありそうだ。

 

© 2014 by The Cold Plastics.  Proudly created with Wix.com