育ちたがる金属Vol,7「流転飛行」

 

​甲高い音が聞こえた。どこかで私を呼ぶような。
 

 

頭上には晴天。そのどこかで、悪意がはじけたように思った。

行かなければ

​あの母なるものに呼ばれた時のように、自然と身体が動いていた。

 


 

 

どこかで私と同じようなものが泣いている。

再び私はヨロイをまとう。

​おそらくはとても大きな悲しみで叫んでいるのだから。
 

 

力強い羽を想起する。

​どこまでも飛べそうな翼と、軽く、頑丈な身体を得た。
 

 

万が一にも人に災いが無いように。


 

© 2014 by The Cold Plastics.  Proudly created with Wix.com