見えないキカイ Vol,5 「粋流」

story

の速度、実に秒速50センチメートル。


身体には血液に乗って様々な物質が流れている。

酸素、赤血球、白血球、血小板……。その中に、「感情」が混じっていることを彼は知っている。
 

「流れが悪い」という言葉にもあるが、流れが滞ると、人は途端に支障をきたすようになる。


他人を妬み、手に入らないものを欲しがり、執着した結果あまつさえ奪おうとする。


全くもって粘着質この上ない。

 

 

彼はそういう時、境界の不確定な腕を人の心臓に差し入れ、心の「澱」をとる。


腕から吸い取られた「澱」は彼の身体を通り、沈殿し、彼自身の原動力となる。
 

 

 


 

[移動するときはカヌーのような挙動で進む]
 

 

 


 

[推進装置兼濾過装置]

 

 

 


 

[”粋”質検査結晶]

 

 

 


 

穢れの落ちた人は純粋、純真というべき感情をふと思い出す。


一体何をイラついていたのか、すっかり巡りの良くなった身体と頭で、おもしろげなことなどを考え始める。

 


うっかり流れがよくなりすぎて「宵越しの金は持たない」人間も何割かでてくることもあるが……

彼自身には関心のないことだから、顔のような部分をむけて空中に佇むだけである。
 

 

 


 

© 2014 by The Cold Plastics.  Proudly created with Wix.com