見えないキカイvol,2 「燈尾」

しも希望が見えなくなり、道に迷うことがある。

 

人生の分岐に立ち会ったとき、進む先を示してくれたらとどんなに願っただろう。

 

誰かに耳を貸してもほんとうの答えでない気がして、立ち止まってしまう。

 

たとえ選んだとしてもこれで良いのかと、自信を無くしたこともあったろう。

を静かに吐き、足元を見つめる余裕を持てば、見えてくるものがある。

 

道案内をしてくれるモノの存在だ。

 

 

彼は流線型の羽を揺らしながら、進むべき道に力強く、灯りを置いて行ってくれる。

し、道を示さず浮遊しているだけの彼を見つけても焦ってはいけない。

 

その時がくるまで、静かな呼吸を保ってさえいれば良い。

 

 

期が満ちたら彼は動き出し、つられて足も動き出すだろうから。

最期までご覧くださり、ありがとうございました。

→GarageKitの注文はこちらから

© 2014 by The Cold Plastics.  Proudly created with Wix.com