HGUCザクⅠ改造 ザクⅡ

こんにちは。

今回はHGUCザクⅠを使い、ザクⅡを製作しました。

戦い、それなりにヤレてきてはいるものの、未だに現役な機体をイメージして制作。

基本的な作業はプロポーションの変更、ディテールの追加ですが、全身に加工を施してあります。

 

 

それではまず画像をどうぞ。

改造箇所

 

頭部;分割ラインで上下に幅詰め、モノアイガード(?)はプラ板を使い薄く。

   モノアイはHIQパーツのツインパイプ+クリアーパーツ。

 

胸部;左右に分割し、角度をつけて接着。隙間が空いてしまうところはプラ板とディテールで埋めてあります。

   ザクの胸部は「ピシッと」した方が好きなのでオリジン版を意識してディテールアップ。

 

腕部;前腕は削り込み+瞬着盛りで有機的なラインにしてあります。手首ガードはバーニアパーツを加工。

   二の腕はそのままだと寂しかったので筋肉のようなディテールを。

 

手首;コトブキヤのパーツに変更。しっかり握られた手首は力強くて良いですね。

 

シールド スパイク;シールドはキット二枚分を使用して大きく。裏側はジャンクパーツとプラ板で密度を上げてます。

          接続部はMGを参考に二重関節化。スパイクは角度と接続法を変更。そのままだとポリパーツが丸見えなので

          外観を損ねない程度に追加パーツで隠してます。

 

脚部;ディテールをアフターパーツで作り直した以外はあまり手を加えていません。太ももは削り込みでむちっとした感じを強くしてます。

 

足首;ザクⅠのキットは足の甲の部分が一体化しているので切り離してスプリング接続。ある程度は追従して動きます。

 

バックパック;FGから流用して接着。バーニアをアフターパーツに変更したのみです。

 

各種武装;105ミリザクマシンガン、120ミリザクマシンガンは弾倉裏をプラ板で埋めてます。

   FGから持ってきた弾倉パーツは腰につけられるようにしてあります。追加弾倉はロマンですな。

   バズーカはザクⅠのものから。持ち手の部分をプラ板で作り直してあります。

   ヒートホークは下の突起を削ってあります。

 

追加ジム頭;強さを象徴するにはやっぱりやられ役がいなきゃ。ということでジャンクパーツから陸戦型ジムのパーツを持ってきて改修。

        引きちぎったような跡をつけるためにパイプ類でディテールアップ。HIQパーツのマグネットセッターを使い、平手パーツからは

        いつでも取り外しが可能にしてあります。

        ひっそりとクリヤーパーツが割れたような傷をつけてあります。

 

パイプ;全身にわたるパイプはいつも悩みどころ。今回はコトブキヤのモビルパイプとHIQパーツのツインパイプを併用し、

    真鍮線を通したスプリングパイプで接続してあります。手法的には古いものですが、スケール的にはこれが相変わらず一番かと。

 

 

 

塗装;今回の肝。シリコンバリヤーでの剥げ塗装がメインです。

   塗装は全てガイアノーツを使用。

   下地;アルティメットブラックを吹いた後、スターブライトシルバーとオキサイドレッドをランダムに塗装。

   シリコンバリヤー塗装後、   

   濃緑;ボトムズカラー グリーン

   薄緑;オリーブグリーン+フレッシュミント+ノーツフレッシュ(少量)

   黒;アルティメットブラック+ネービーブルー

   シールド裏;サーフェイサーエヴォ+ピュアホワイト+ノーツフレッシュ

   関節;ニュートラルグレーⅢ

   各種武器;ジャーマングレー  

 

デカール貼り後クリアーでコート。エナメルでフィルタリングをした後チッピング。

全体を薄めたエナメルブラックで整えた後、つや消しクリヤーを吹いて完成。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

© 2014 by The Cold Plastics.  Proudly created with Wix.com